果実酒作りをはじめたきっかけ

大学生になり、お酒も飲める年齢となったある日、

友達が梅酒を持って遊びに来ました。

彼女の実家には梅の木があるらしく、その実が大量に採れた時は、

梅干し+梅酒も大量に作るそうなのです。

私は梅の木には馴染みがないので、

1本の梅の木にどのくらいの実がつくのかは分からないのですが、

お酒も梅干しも作れるとなると…結構な量なんだろうなあ、と、

羨ましく思ったものです。

そして、その梅酒。

すごく美味しかったのです。

彼女のお母さんが作るそうなのですが、

毎年作っていると言うだけあって、洗練されたまろやかさなのです。

きっと、材料の配分に工夫されているのかも知れません。

とにかく、もともと苦手だった梅酒をすんなり克服させてくれたのは、

手作りの梅酒だったのです。

そして、ふと思い出した「うちの家族も梅酒作ってた気がする」ということ。

記憶の中に、梅を洗う手伝いをしたという場面があるのです。

(梅酒か梅干しかは分かりませんが、梅干しは多分作っていなかったので。)

早速実家に帰った時に、詳細を色々聞いてみることにしました。

あわよくば私も…と、野望が膨らんでいたのです。

尿酸値 下げる おすすめ

映像制作

相模原 レンタカー 激安

イデア綜合法律事務所